板金塗装屋の修理や改造などの幅広い対応力

車

軽自動車と普通車の違い

運転するレディ

車検は通す車種によって、必要な書類や通す場所に違いがあります。軽自動車を通すとなった場合には、普通車と異なり軽自動車協会というところで車検を通す必要があります。整備工場に車検を依頼した場合は、整備工場側で点検をして問題がなければ軽自動車協会まで持って行ってくれるので、平日に時間を取る必要もありません。軽自動車は普通車と異って燃費や税金が安いだけでなく、車検の費用もほぼ半分以下の値段で通すことができます。どの車種であっても必ず必要となってくる法定費用の重量税や自賠責保険料も普通車に比べると安くなります。自賠責保険料に関してはわずか1000円ほどの違いですが、自動車税に関しては約2万円や3万円も異なってくるのです。
年々様々な税金の引き上げが行われていますが、今もなお軽自動車を持つ利点は多いようです。また、軽自動車は燃費がいいため、日頃のガソリン代などでも差が出てきます。基本的に軽自動車は普通車に比べると全てが安いと考えてよいでしょう。購入費や維持費は全て軽自動車が優位です。普通車に乗って便利な面はサイズであったり、パワーに大きな差があるというくらいであるため、今でも軽自動車の人気は留まるところを知りません。また、車検で修理をする場合にも違いがあります。軽自動車のタイヤは普通車に比べると細く、インチも小さいため1本3千円から4千円ほどで購入することが可能です。ブレーキパッドなどのようなパーツも軽自動車が3千円や4千円であるところ、普通車は8千円から1万円以上であることがほとんどです。維持費などを考慮して車を持つのであれば軽自動車が最適です。